ソフトやツール活用する場面

そのソフトやツール活用する場面は見えているでしょうか。
すくなくとも次の7つの項目を検証しましょう。

1.どの業務に活用するのか。
  そのソフトやツールを導入するのが目的ではなく、
  なんらかの業務改善を図るのが目的。そうでしょう?

2.そのソフトやツールを使うことで、生産性は高まるのか。
  (処理時間、正確性、成果などの付加価値)

3.そのソフトやツールを利用することで、
  業務上の悩みは解消、軽減するだろうか。

4.そのソフトやツールは期待された機能通りに動作するのだろうか。
  マニュアルやサポート体制はあるだろうか。

5.再現性(同じ動作ができるか、同じ結果を得られるか)
  (自分の作業環境で、マニュアル通りに実行できるでしょうか)
  ハードソフトの環境、自分の理解力、実践する時間やタイミング
  そしてマニュアルの記述内容

6.そのソフトやツールの価格は、期待される成果に見合うものだろうか。

7.そのソフトやウールを利用しなかったら、どうなる?

などを考えながら、ずいぶんと多くのソフトやツールを検証しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする