ビジネスの事務処理を効率化するツール

普段何気なく利用するITツールですが、
ビジネスの事務処理を効率化するために導入しているわけです。

最近、特にビジネスで成功する鍵は、
製造以外の業務プロセスの「生産性」にあるなと感じます。

生産の現場は、世界トップクラスの工程ばかり。
品質も高く、製造コストも限りなく安価に製造できるように工夫されています。

売上高に対する製造原価が、半分しかないことからも明らかでしょう。

その半分を効率化できれば、そっくり利益につながるわけですが、
なかなか攻略できない。

物流、販売、事務管理、宣伝広告なのほ経費が半分を占めているわけです。

ツールの導入することで劇的に代わったことは、
業務指示の伝達、結果の報告、情報共有というコミュニケーション
の部分でしょう。

社員ひとりひとりが、
パソコンや携帯端末機器をもつようななったわけです。

コミュニケーションに要する時間は、大きく短縮されました。

圧倒的に生産性を高めました。

しかし、従来のしくみが残っている場面では、
せっかくのITを生かしきれていないようです。

なぜなら、業務の流れが標準化されておらず、

また、顧客からの問い合わせに対する対応も、
返事を「1週間もかかる販売者と1日で返事する」のとでは、
成約率の差も大きいことでしょう。

そこで、ツールの出番です。

さまざまなツールを上手に使っている方には、
喜ばれているのではないかと思われます。

皆さん、ビジネスは「軽快」「快速」、
そして「効率的」に行きましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする